本文へスキップ

北島梨園では、梨・プラム・梅などの果物を栽培しています

〒323-0808 栃木県小山市出井800-2

現在の北島梨園の様子(作業日誌)detail

販売について


プラム・トウモロコシ・梨の収穫予定時期についてはこちらのページに掲載しております。

作業日誌

2018年8月30日(金)
“豊水”の収穫が始まりました。

“幸水”に続き、例年よりも早めに“豊水”の収穫が始まりました。

“豊水”は、甘く豊かな果汁と爽やかな風味が特徴的な、
とても美味しい品種です。

緻密な肉質はニホンナシ全体の中でも特に優れていて、
育種の場面でも“にっこり”や”筑水”などの親として利用されています。

濃厚な甘さと滑らかな食感を、どうぞご堪能くださいませ。


なお、早めに収穫が始まりましたので、例年よりも早めに収穫が終了する見込みとなっております。
“豊水”をご入用のお客様は、どうぞお早めにお声がけくださいますようお願い申し上げます。

2018年8月10日(金)
“幸水”の収穫とお盆の予定
“幸水”の収穫が始まっております。

台風の被害もほとんど無く,無事に収穫を迎えることができました。

昨年よりも熟期の進みが早いため、今年はお盆に“幸水”を店頭に並べることができそうです。
とはいえ,十分に成熟した梨のみを収穫しておりますので,
一日に販売できる量には限りがございます。
お盆もお店を営業する予定でおりますが,梨が売り切れてしまった場合,
大変恐縮ですが早めに閉店とさせていただきます。

ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。
2018年7月24日(火)
“おりひめ”の収穫が始まりました。明日より“筑水”の収穫が始まります。
本シーズンの梨の収穫が始まりました。
現在収穫している品種は”おりひめ”です。

“おりひめ”は、栃木県農業試験場で“新水”に“筑水”を交配して育成され、
平成27年に品種登録された新しい品種です。
果皮が滑らかで美しく,
旧暦の七夕の頃に収穫期を迎えることから“おりひめ”と名付けられました。

果肉は緻密で柔らかく、果汁が多くジューシーで、
上品な甘みと清涼感のある風味が特徴です。

新品種ですので、当園でもようやく収穫できるようになったばかりです。
店頭に並べることができる量は限られております。
大変恐縮ですが、品切れの際にはどうぞご容赦くださいませ。

また、明日からは“筑水”の収穫も始まります。
今年は気候の影響で梨の熟期が早まっております。
ご入用のお客様は、どうぞお早めにお声がけくださいませ。
2018年6月14日(木)
プラムの収穫と販売が始まりました。

プラムの収穫と販売が始まりました。

現在収穫している品種は“大石早生”。
甘味と酸味のバランスが良い、プラムらしい品種です。

果実の表面に白い粉が見えますが、
これはブルームと呼ばれる天然物質で、
プラム自身が作り出しているものです。
もちろん、食べても問題ありません。

果実から水分が失われるのを防いでくれますので、
食べる直前まで洗わずにおくと鮮度が保たれやすくなります。

今年は梅もプラムも、昨年よりも早めに成熟が進んでいます。
ご利用くださるお客様は、どうぞお早めにお越しくださいますようお願い申し上げます。。

2018年5月31日(木)
“青梅”の収穫と販売が始まりました。

“青梅”の収穫と販売が始まりました。

今の時期の梅は、カリカリ梅や梅酒や梅ジュース等にピッタリですが、
成熟が進むにつれて黄色く、柔らかくなってきます。
真っ青な梅をご入り用の方は、どうぞお早めにお越しくださいませ。

なお、まとまった量をお求めの方は、事前にお問い合わせいただけますと幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

2018年5月25日(金)
明日より平成30年産“小梅”の収穫と販売を開始します。
今年は好天が続き、やや早めに梅の成熟が進んでおりますので、
明日(5月26日)より平成30年産”小梅”の収穫と販売を開始いたします。

”小梅”は、お弁当に入れるような小さな梅干を漬けるのににピッタリです。
“青梅”とは一味違った風味に仕上がりますので、梅ジュースづくりにもオススメです。
香り豊かな梅をお楽しみいただけましたら幸いです。

5月26日、27日は”小梅”の販売を行う予定ですが、
量に限りがございますので、売り切れの際はどうぞご容赦くださいませ。

なお,一般的な梅干や梅酒に使うような“青梅”につきましては,
6月に入る頃から収穫を始める予定です。
どうぞいましばらくお待ちください。

2017年分作業日誌
2016年分作業日誌
2015年分作業日誌
2014年分作業日誌
2013年分作業日誌