本文へスキップ

北島梨園では、梨・プラム・梅などの果物を栽培しています

〒323-0808 栃木県小山市出井800-2

現在の北島梨園の様子(作業日誌)detail

販売について


プラム・トウモロコシ・梨の収穫予定時期についてはこちらのページに掲載しております。

作業日誌

2017年10月15日(日)
“にっこり”の収穫が始まりました。

“にっこり”の収穫が始まりました。

“にっこり”は、栃木県農業試験場で“新高”に“豊水”を交配して育成された品種です。
世界遺産も有する観光地「日光」と、梨の音読み「リ」を組み合わせて、“にっこり”と名づけられました。

大玉で甘く、果汁豊かで、非常に食味の良い梨です。
きめ細かな舌触りをどうぞお楽しみくださいませ。

なお、現在、“にっこり”は御予約いただいたお客様から順に発送させていただいております。
これから御注文いただく場合は、発送までにお時間を頂戴する場合がございます。
大変恐縮ですが、ご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

2017年10月1日(日)
“新高”の収穫が始まりました。

“豊水”,“あきづき”の収穫も終わり、
本日より“新高”の収穫と販売が始まりました。

”新高”は、甘くみずみずしい、美味しい梨です。
 粒が大きく外観も立派ですので、贈答用にも是非ご利用くださいませ。

なお、クロネコヤマトの宅急便の運賃が改訂されましたので、
本日より新しい送料を適用させていただいております。
お届け先の地域によって料金は異なりますので、
詳細につきましてはお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

2017年9月13日(水)
“あきづき”の収穫が始まりました。

現在、“豊水”の収穫と平行して“あきづき”の収穫が進んでいます。

“あきづき”は2001年(平成13年)に品種登録された、比較的新しい品種です。
外観が非常に美しく、お月様のような豊円形であることから“あきづきと名付けられました。

親は、「”新高”×”豊水”」と”幸水”。
甘く,シャリッとした歯触りが梨らしい、美味しい品種です。

適期に収穫することがとても重要な品種ですので、
“あきづき”をご提供できる期間は限られております。

ご入り用のお客様は、どうぞお早めにお声がけくださいませ。

2017年9月5日(火)
“豊水”の収穫が始まりました。

“豊水”の収穫が始まりました。

今年は、昨年と比べてゆっくりと成熟が進んでおりますので、
少し遅めの収穫はじめとなりました。
収穫のピークも、昨年よりやや遅くなる見込みです。


“豊水”は、甘く豊かな果汁と爽やかな風味が特徴的な、
とても美味しい品種です。

緻密な肉質はニホンナシ全体の中でも特に優れていて、
育種の場面でも“にっこり”や”筑水”などの親として利用されています。

濃厚な甘さと滑らかな食感を、どうぞご堪能くださいませ。

2017年8月13日(日)
“幸水”の収穫が始まりました。

本日より“幸水”の収穫が始まりました。

甘みが強く、瑞々しく、
 「梨」と言われて真っ先に"幸水"を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
 今の時期ならではの味を、ぜひご賞味くださいませ。

 収穫はじめですので、店頭に並べることのできる量はまだまだ少なめの状態です。
 早い時間に売切れてしまうこともありますので、
まとまった量をご入用の方はあらかじめご連絡いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2017年8月10日(木)
現在の梨の収穫状況とお盆の営業について

今年は開花が遅かったこともあり,
梨の熟期は昨年・一昨年と比べると,ゆっくり進んでいます。

現在,当園では“筑水”が最盛期を迎えておりますが,
“幸水”はまだ収穫するには少し早い状況です。
“幸水”をご希望下さるお客様は,いましばらくお待ちくださいませ。

お盆もお店を営業する予定でおりますが,
十分に成熟した梨のみを収穫しておりますので,
一日に販売できる量には限りがございます。
梨が売り切れてしまった場合,大変恐縮ですが早めに閉店とさせていただきます。




上の画像は,栃木県農業試験場で育成された新品種“おりひめ”です。
まだ樹が若いため,本年は店頭に並べられるほどの量は収穫できませんでした。

瑞々しく甘く,爽やかな風味が特徴的な,とても美味しい梨です。
旧暦の七夕頃(8月)に収穫されることから“おりひめ”と名付けられましたが,
その名のとおり,果皮が滑らかな美しい外観です。
近年中に皆様にお求めいただけるようになりますので,どうぞご期待ください。

2017年8月5日(土)
“筑水”の収穫が始まりました。

当園で一番早く収穫が始まる梨の品種,“筑水”の収穫が始まりました。
甘くて,酸味が少なく,果汁豊かな品種です。

“幸水”や”豊水”ほど有名な品種ではありませんが,
毎年「美味しかったわ」とお声がけいただける,とても美味しい品種です。
是非,ご賞味くださいませ。

”筑水”に続いて”幸水”の収穫が始まります。
“幸水”をご入り用のお客様は,いましばらくお待ちくださいませ。

2017年8月1日(火)
もうすぐ梨の収穫が始まります。

8月になりました。
早生の梨も色づき始め,じきに収穫が始まる見込みです。
当園で一番収穫早い品種は“筑水”です。

追って,“幸水”,”豊水”と収穫が続く予定ですが,
本年より梨畑の一部を改植しておりますので,
例年よりも収穫量が少なくなる見込みとなっております。
ご入り用のお客様はどうぞお早めにお問い合わせ下さいますよう,お願い申し上げます。

改植した果樹園では,
栃木県農業試験場で開発された「盛土式根圏制御栽培法」に取り組み始めました。
上の画像は,同じく栃木県農業試験場で育成された新品種“おりひめ”です。
今年はまだ収穫できませんが,近年中に店頭にも並べることが出来る見込みとなっております。

2017年6月23日(金)
プラムの収穫と販売が始まりました。

本日より,プラムの収穫と販売を始めました。

現在収穫している品種は“大石早生”。
甘さと酸味のバランスの良い,とても美味しい品種です。

そのままお召し上がりいただくのはもちろん,
ジャムやお菓子作りにもピッタリです。

なお,果実の表面に見える白い粉は「ブルーム」と呼ばれるもので,
プラム自身が作り出している天然物質です。
もちろん,食べても問題ありません。

果実から水分が失われるのを防いでくれますので,
食べる直前まで洗わずにおくと鮮度がと持たれやすくなります。


プラムは販売できる量が限られておりますので,
その日収穫した分が売り切れた場合には早めに閉店させていただく場合もございます。
大変恐縮ですが,どうぞご了承くださいませ。

2017年6月2日(金)
平成29年産“小梅”の収穫と販売が始まりました。
今年も梅の季節となりました。

現在収穫しているのは,
お弁当に入れるような小さな梅干を漬けるのににピッタリな“小梅”です。

梅干,カリカリ梅,梅ジュースにもご利用いただけます。
この時期ならではの梅仕事を,是非お楽しみください。

なお,一般的な梅干や梅酒に使うような“青梅”につきましては,
今年は非常になり数が少ないため,ご希望の数量をご用意できない場合がございます。
ご来店いただく前に,お問い合わせいただけますと幸いです。
大変恐縮ですが,どうぞご了承くださいませ。

2016年分作業日誌
2015年分作業日誌
2014年分作業日誌
2013年分作業日誌